模型製作報告日誌
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.08
第49回 全日本模型ホビーショーの情報がいろいろと出回ってますね。

やはり目玉は12月発売のMG Vガンダムver.kaでしょうか。価格は3990円。HGUCクシャトリアより安い。

ただ、試作品の写真を見る限りはプロポーションにやや不安ありといった感じかな・・・。
http://ga.sbcr.jp/mreport/013907/
F91のときみたいにならないといいなと。
12月発売となると、このままいっちゃうのかな。
変形ギミック>プロポーションというコンセプトなのかも。
ブーツ(脚)のずどーんとした形状なんかは一見微妙に見えるんだけど、設定画と見比べると、こういう解釈も全然間違ってないよなという気もします。
まぁ、実際手にしてみるとまた印象も変わってくると思うんですが。
今のうちにGxGのヘッドパーツセットどこにいったか探しとこう。
あとVガンダム関連ではロボット魂でV2アサルトバスターなんかもでるそうで。

HGUCではリゼルが。これはかなりかっこいいですね。ゴツゴツしてる。
http://ga.sbcr.jp/mreport/013900/
このほかに新発表はHGマスラオ、HGUCギラ・ズール、VSアストレイ関連、劇場版に登場する大気圏内用VF-25など。
クァドラン・レアって結局どうなったんだろう。
あとMG1/8孫悟空!?なんだそれ!

一方、WAVEからは1/100デストロイドモンスターの発表が。
一応「来年夏」予定とされていますが、以前からアナウンスされていた1/72トマホークや1/100ファイター、バトロイドもまだ出ていない状況なんで、実際の時期はもうちょっと先になるのかも。
やっぱこれは当然マクロスゼロ版モンスターへの展開も見越しているんでしょうか。

ゼロ版モンスターといえば以前作ったこれ。
img865_20091008230642.jpg
今見ると汚し等いささか不満があるので、新キットが出るまでにリニューアルして発売を待ちたいと思います。

WAVEはMa.kでメルジーネがインジェクションキット化。
こないだ再販されたフリーゲとニコイチでニクセ作れますね。

ハセガワは1/48で続けてVF-1も出すんだって。
うわー、本気でマクロス幕引きをはかるつもりなんだろうか・・・。
そのあたり、モデグラさん、やっぱちょっと突っ込んで取材してほしい!

そして、コトブキヤからはディフォルメ版の98式イングラムの発表が!
いきなりきましたねこれ。
以前からヘルハウンド、ハンニバルと、よくぞやってくれました的なシリーズ展開を続けてくれていたコトブキヤですが、こうきますか。
試作の写真を見た限りは、イングラムのプラモとしては今まででいちばん好みの造形かもしれません。
おそらく複数購入して自衛丸や馬良アンダンテへと改造していくことでしょう。

あと、玩具では超合金魂ダイターン3、MANGA REALIZATIONのウイングマン、SICのディケイドや待望のカブトが気になるところ。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ

ジャンル : 趣味・実用

2009.10.02
予てから発売がアナウンスされていたハセガワの1/48 YF-19が出ました。

昨日ヨドバシ梅田に見に行ったんですが、店頭には見当たらず。

速攻で売切れてしまったのか、売り場にはそこにあった形跡すらもうなかったですねぇ。
まだ並んでない(入荷してない)って事はないと思うんですけど。

1/72 VF-1発売当時のハセガワ開発陣のインタビューでは、「1/48でバルキリーが出た時点でマクロスシリーズはやりきったと思ってください」といったニュアンスの発言なんかもあったりしたので、正直1/48でYF-19が出ると聞いた時は、嬉しさなんかよりも「うわー、とうとう1/48(=赤玉)出しちゃうのか」といった絶望感しか沸いてこず、1/72でVF-11やVF-4、各種バトロイドも出さずにか!と憤慨してしまったぐらいなんですが、今のところ実際に終了宣言も出ず、そして現在の他メーカーも含めたマクロスシリーズ全体の好調と充実ぶりを見ると、ハセガワが無理にここで主力商品を打ち切る理由というのも特に感じられないので、あの発言は当時だけの放言だったのかなー?なんて思っている次第です。

で、発売が近づいてくると商品そのものがやっぱ気になってくるというモデラーの性。
自然とお店に行くと置いてないかチェックしてしまうという・・・。

今回、話題になってるのが説明書に「このパーツは使用しません」と書かれたパーツ。
そう、バトロイド形態の頭部の前半分、いわゆる「顔」に相当する部分を再現したパーツです。YF-19の変形システムはファイター時にバトロイド時の頭部前面、肩部の下半分、脚部の後半分、二の腕、拳等が内側に収納されるかたちになっているので、ファイター固定のハセガワキットではその部分の形状が再現されていません。これは以前の1/72でも今回の1/48でも基本的には同じ。だだし、1/48はこの「使用しないパーツ」を使って頭だけバトロイド形態を再現できるようになってるみたいです。
これは・・・やっぱモデラーへの「プレゼント」・・・というよりは「挑戦状」でしょうか・・・。

以前に1/72のキットを使ってこんなの
01s.jpg
を作った者としては、燃えるものがあります。

これを作ったときは勢いだけのゴリ押しでなんとか形まで持っていった感じで、今振り返れば何かと不満もあるので、いずれ再挑戦したいなと思っていたところでした。

ぶっちゃけ、今は御機嫌精密さんのYF-19バトロイド改造キットとか、もっともっとはるかに出来の良い、お手本になるものもありますしー!
というか、いずれ1/48に関しても御機嫌精密さんから超絶な改造パーツが出るんでしょうね・・・。

それはともかく、1/48を作るまえに、おいおい
RBFV.jpg
これ放置してるだろ俺・・・という感じもしますが。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル : 趣味・実用

2009.08.03
一週間以上間が開いてしまいました。
面目ない。ドラクエにハマっておりました。

すれ違い通信と宝の地図システムがおもしろいです。
地元では、いちど出かけてすれ違い通信できるのは、多いときで5~10人がいいところなんですが、ヨドバシなんかに行くとさすが違いますね。すさまじいペースでいろんな人とすれ違いできます。
で、僕も「まさゆき地図」貰ってきました。

が、本編の進行そっちのけで宝の地図探しばっかりやってる手前、レベルは全然低いままなんで、ウワサのメタルキング階までたどり着く前に全滅してるような状態ですよ。

mge.jpg
そんな様子で模型製作は一旦小休止な7月末だったんですが、これだけはスルーできないのがMGガンダムエクシアの限定版。イグニッションモード。

発売日に買いに行く事ができず、ネットを見ると即日売り切れの地域もあったとかで、これはさすがに出遅れたかなと思ったんですが、地元のジョーシンに普通にありました。田舎だからか。ド田舎だからか。ド田舎バンザイ!・・・と、思って、さらに後日すれ違い通信目当てでヨドバシに足を伸ばすと、ガンプラ売り場にはどーんと大量に山積みされておりました。まぁ、でも結構な売れ行きなのは確かみたいです。

無印1/100キットの段階で既に出来がいいのに、このキットの一体なにがみんな目当てかというと、やはりエクシアリペアを再現できるパーツが同梱されている事でしょうな。単にエクシアがMG化されるというだけでは僕は買ってなかったと思います。アヴァランチエクシアも組んでないで積んであるしー。
男子は半壊状態のメカというのに何故か惹かれるものなのです。改造してクラッシュモデル化するというのは古今東西いろんなジャンルのメカプラモでよくあることですが、組み立てた時点でそういったものになるというのは、少なくともガンプラとしては極めて珍しいキットかもしれません。

ここはサクッと組み立てて、塗装にこだわって作ってみたいところですね。

テーマ : ガンプラ制作

ジャンル : 趣味・実用

2009.07.06
ひとつ仕上がってしまうと、その直後は呆けてしまって、完全にサボってしまいますね。
一週間ほどほとんど手が動きませんでした。いかんいかん。

実際6月は丸々ゼントラーディ兵でかなり消耗してしまったので、7~8月はリラックスしつつ、またSDガンダムと溜まっていた00のガンプラを作りたいなと。
fgでSDガンダム関連の催し物があるということで、そこに寄せさせて貰う作品だったりするんですが、今年はHJ誌のオラザクでもSDガンダム部門が設けられるという事で、久々に参加してみようと考えています。

別にSD系専門モデラーというつもりじゃないんですが、今年はなんだかこっち寄りで作業の手がはかどるので、自然と偏ってきてますね。別に抗う必要もないので作れるうちにどんどん作っておこうかなと思っています。

ということで、今週はそんな試作中のネタをいくつかあげてみたいと思います。まずは二品。
ゼントラ兵の作業の合間に手をつけていたものです。

まずは将頑駄無。
sg0.jpg
流用パーツ主体で作ってあります。
三国伝シリーズで徐晃サーペントのキットが出たので、セイラマスオ版パーフェクトガンダム的な事をそのままSDに置き換えてやってみても面白そうだなと思ったので。

あと、もともと「武者烈伝」での将頑駄無のリメイクを期待していたんですが、将頑駄無の枠にはどういうわけか敵である殺駆頭が納まってしまって、パーフェクトガンダム好きとしてはなんとも微妙な感じだったので、烈伝フォーマットで初代のイメージに拠った将頑駄無が欲しかったんです。

次は抜刀武者 逆伐。
gbx1.jpg

前々から立体物として手元に持っていたかった逆伐。
HJの作例は烈伝版農丸をホンタイに使用してのスクラッチだったんですが、今ある三国伝キットベースならもっと楽に作れそうだったので、重い腰をあげて挑戦。曹操ガンダムがベースになっています。

コミックボンボン版の逆伐の正体が実は曹操と同じくダブルエックスモチーフの武者だったというのも、曹操を使った大きな理由だったりしますが、足首の形状やマントなどのパーツが逆伐をスクラッチする上で「おいしい形」だった点も見逃せませんでした。
鎧のパーツには1/144ターンXのパーツを使用。頭部は曹操の頭を芯にBB戦士のターンエーの頭の殻を重ねて、さらに薄手のプラ板を巻きつけ、まるでロールキャベツのように作っています。
各部は意図的にHJ版の逆伐から変更しアレンジしながら作っています。
現在は写真の状態よりさらに各部の形状を煮詰めていってる状態です。

と、ここまで作っていたところで三国伝外伝の新キャラとして項羽ターンXのキットが発売されるかもしれないという情報が・・・。モデラーの間で予てから都市伝説として囁かれている『誰かがフルスクラッチするとその後すぐキットが発売される』法則が(ちょっと変則的ではありますが)見事に発動してしまいました。まぁ、今すぐ出るというわけでもなさそうなので、そっちはそっちで期待しながらも変に気にせず作っていきたいと思います。

テーマ : ガンプラ制作

ジャンル : 趣味・実用

2009.06.01
2MC 26th 無事怪我もなく終了しました。
おつかれさんです。

投票、コメント頂いた皆様ありがとうございました。

ひとり5票という持ち票の制限がある中で、出したそれぞれ三品ともに投票頂けた事がどれだけありがたい事か。

今回は実験的に[fg]の方と同時期に同じ作品をアップしてみるって事を試してみたんですが、反応がそれぞれ違ったのが興味深いですね。さきほど触れたように持ち票に制限がある事とか、アップするタイミングに違いがあるので、そのへんが影響している部分もあるのかもしれないですが。

さて、2MCの方がひと段落しましたので、次の展開ということで、前々から拝見させて頂いていた「懐コン」さんにこの度エントリーさせていただく事となりました。
題して「オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ」ということで、70~90年代のキットをテーマにしたプラモコンペです。
http://natsucom.blog21.fc2.com/

私はイマイの「ゼントラーディ軍・装甲宇宙服 カムジン専用タイプ」とフジミの「マッドポリス」から「デストロイヤー」をチョイスしました。それぞれの詳細はこのページでも追々説明していきますが、とりあえずはコンペHPにある「懐コン7参加表明者一覧」から各作品の解説ページをご覧になってみてください。
とにかく他の参加者のみなさんのキット解説が読みごたえがありまくり。
それぞれ読んでるだけであっという間に時間が過ぎます。そして飽きません。

月末締め切りなんで、ペースを上げて取り掛からないと結構大変だったりしそうですが、今夜から製作にとりかかろうと思っています。まずカムジンの頭からです。これをどうにかしないと・・・。

テーマ : ホビー・おもちゃ

ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。