模型製作報告日誌
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.15
vg.jpg

最近はフィギュア系の原型師として知られる竜人さん原型によるガレージキットで、かつてJAFCONという模型イベントで販売されていたものです。

小型MSなので、1/72といってもだいたい他のUC物キットの1/100相当の大きさってところでしょうか。
元々は1993年頃のホビージャパンで作例として発表されたフルスクラッチモデルをキット化したものです。

vgm1.jpg

当時の竜人さんは他に1/100のRX-78も製作されていて、これもイベントで販売されていました。マスターグレードシリーズが始まる数年前の初期のガンダムウェポンズに掲載され、それ以降も永らく安彦版ガンダムの決定版として評価の高かったキットでした。確かあと他にGP-01もありましたね。

vgm3.jpg
この模型はそんな竜人版Vガンダムをストレートに組んだもの。

ドフィックスの壁補修材で作った簡単なベースに載せ、プライザーのHOスケールのフィギュアを「マン盆栽」的に配置してみました。
状況としては物語序盤、カサレリア近郊の森林でリガ・ミリティアのスタッフにより整備を受ける様子といったところ。「GUNDAM FIX」で描かれたCGを参考にしてみました(※『黄昏にそびえたつガンダムタイプの巨大なシルエット』というシチュエーションなので、1枚目の画像は別に失敗撮影ではないのです)。

バンダイ刊「NEW MSV ハンドブック1」に掲載されていた設定と付属のマーキングシールを使い、04番 ウッソ機(元マーベット機)として製作。
ハンドブックに書かれている設定では、このウッソ機を含む初期生産タイプは、二の腕の部分が変形時のロック機構に配慮し角型に設計変更されていた事になっているのですが、アニメの画面上ではそのあたりが特に描き分けられていない事もあって、そのままにしていました。
でも、めんどくさがらずに手を加えておいけば良かったですね。

vg 2

最近プライズで出ているヘッドディスプレイコレクションのVガンダムが手に入ったので、これを使って、また違った切り口の情景を作ってみようと思案中です。
(2005年 製作)

スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作

ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。