模型製作報告日誌
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.05
押井監督の「番狂わせ 警視庁警備部特殊車輌二課」に先駆け約一年ほど前に刊行された今野敏さんの「夕暴雨―東京湾臨海署安積班」。

TVドラマ「ハンチョウ~神南署安積班~」の原作にあたる警察小説『安積班シリーズ』の一篇ですが、この「夕暴雨」には、なんとパトレイバーシリーズの特車二課が登場します。

ドラマでは新設された渋谷の神南署を舞台としていましたが、小説ではそれ以前に東京湾臨海警察署(通称ベイエリア分署)を舞台としてシリーズがスタート、その後神南署へと引越し、今作で再び新庁舎が建設されたベイエリア分署へと舞台が戻ったという設定。この新庁舎建設に伴い、その別館として南方1kmほどの土地に特車二課棟が設けられたと本編で語られています。

東京都江東区青海2丁目にあるというベイエリア分署。この場所には東京湾岸警察署が2008年より実在しています。テレコムセンターや船の科学館、そして「お台場ガンダム」が立っていた潮風公園からもすぐ近くです。

大きな地図で見る
「番狂わせ」でも『安積班シリーズ』と設定がリンクしている様で、安積やベイエリア分署に言及している下りがあるのですが、そこでは「二課棟から歩いて15分」、「『本土』側の国道沿い」と記されています。そうなると、二課棟があるのは青海3丁目の南端といったところでしょうか。凡そTV版準拠の設定のようですね。現実にはもちろん特車二課は存在しませんが、何年か前は実際すぐ近くにガンダムが立っていたという…。
TV版設定ではおおまかに「13号埋立地(台場)にある」程度の言及だったのですが、ここにきてさらに詳細が絞られてきましたね(ちなみにOVA版では城南島海浜公園の近くと設定されています)。TV版放送当時は確かに周辺に飲食店など何も無い場所だった様ですが、現在はフジテレビ周辺がかなり華やかな様子で、マクドナルド等の飲食店も数多く立ち並んでいます。ただ、この辺りの状況は「番狂わせ」によれば現実と少し違っている様で、劇場版2よりさらに数年ほど経った二課棟周辺の食糧事情は未だに改善がみられず、「埋立地には食堂もファミレスも存在しない」、「最寄のコンビニまで車で片道10分」、「大量の出前を配達してくれるのはやはり上海亭しかない」といった状況にさほど変化はない様です。

「夕暴雨」作中ではちょうど特車二課が創設されて間もない頃とリンクしている様子。まだ世間に広く知られる以前のようで、警察内部でもその実態を知るものはまだ少ないという、秘密のベールに包まれた謎の部隊といった位置づけになっています。「第二小隊の新装備」(=98式AV)は物語当初まだ配備されていません。
この時点で「小隊長含めて一個小隊4人」と書かれているので、TVシリーズ第一話の時点で野明が加入する前よりさらにもう1人少ないですね。もしかして山崎ひろみの存在が忘れられているとか…。
『安積班シリーズ』のハンチョウこと安積(ドラマでは佐々木蔵之介が好演)と交通課の速水(同じくドラマでは細川茂樹)が後藤隊長と同期という設定で、後藤をライバル視する速水は得体の知れない部隊を率いる後藤の事を常に気にしている様子が描かれています。つまり佐々木蔵之介と細川茂樹(ヒビキさん!)が隊長と同期…なかなかに胸熱な展開ではないですか。ちなみに「番狂わせ」の方には須田(ドランクドラゴン塚地)も登場します。

「特車二課が登場する」といっても派手なレイバーアクションを繰り広げる訳ではなく、お台場のビッグサイトで開催される同人誌イベントに予告された爆破事件の周辺に特車二課の存在が微妙に絡んでくるといった感じにすぎません。
ですが、そこは以前にガンダムシリーズの『アドバンス・オブ・ゼータ』の小説パートなども書かれており、しかも世にも珍しい1/220スケール専門のガンプラモデラーでもあるという作者の今野さんの思い入れなんでしょうか、端々に『パトレイバー』への愛情が感じられます。登場人物の興味がずっと特車二課へと注がれている事もあって、野明や遊馬達が直接活躍する事こそないものの、まぎれもなく『パトレイバー』なんですよね。安積班の連中が隣のブロックで警備にあたっている特車二課を見て「あいつら何やってんだ?」と終始観察しているような感じ。『安積班シリーズ』を知らなくても『パトレイバー』ファンならばかなり楽しめるのではないでしょうか(ぶっちゃけ「番狂わせ」よりこちらの方が楽しめるという方も多いかも…)
僕は小説版は今回が初めてだったんですが、ドラマ『ハンチョウ』をずっと観ていたので二倍楽しめました!

ただし、この小説自体はあくまで『安積班シリーズ』なので「レイバーが当たり前のように街を闊歩していて誰もがそれに違和感をおぼえない」という世界観にはなっておらず、作中ではレイバー犯罪に関してもバビロンプロジェクトに関しても特に言及はありません。作中の人物はレイバーの存在すら全く知らず、見た事もないのではないかといった感じで、その辺りは読んでいて多少違和感をおぼえるところではあります。 
時代設定も凡そ2008~2010年辺りを想定しているようで、1998~2002年を舞台とした『パトレイバー』の世界に完全に準拠している訳ではないようです。この辺りは仕方ないといった所でしょうか。
特車二課に配備される「特車」に関しても詳細を知るものは殆どおらず「重機を改造し警察用の装備へと転用した物」とベイエリア署内で噂される程度なのですが、とあるシーンで安積がこの「特車」(98式配備前なので、恐らく96式改辺りではないかと思われます)と対峙する下りがあり、それがなかなか印象的に描かれています。

今回と前回取り上げた小説の他に、コトブキヤのディフォルメシリーズだったりピットロードの1/24レイバー指揮車だったりと、地味~に盛り上がってきてる感じのするパトレイバーですが、これからまた何か展開があるんでしょうかね…

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー

ジャンル : 本・雑誌

2011.02.22
押井守監督による書き下ろし小説「番狂わせ 警視庁警備部特殊車輌二課
」が発売されました。

タイトルから分るとおり「機動警察パトレイバー」の特車二課が登場する小説です。
2011年初頭に突如として発売が告知され、ネット上でもすぐさま話題になりました。
久々の「新作パトレイバー」ですからね。
しかも押井監督自らが執筆という事で、否が応にも注目はあつまるというもの。

当初の段階で明らかにされたのは『世界屈指のサッカーチームへのテロ予告に、新レイバー隊員たちは、どう立ち向かうのか』の一文のみ。
新レイバー隊?もしかして今回の主役は野明達ではなく、「劇場版パトレイバー2」に登場した二代目の新人隊員たちが活躍する話なの…?あいつらなんかキャラ薄くなかったっけ…など様々な憶測・邪推が沸立ちました。

間もなくアマゾンにはさらに詳細な内容紹介が掲載されました。
警視庁警備部特殊車輌二課――通称レイバー隊は、二足歩行ロボットで警備を受け持つ、警察きっての特殊な部署であり、“お荷物”部署でもある。そのレイバー隊に、日本で行われるサッカー親善試合でのテロ予告の情報がもたらされた。世界を代表するサッカーチームと、日本の湾岸FCとの試合で、そのテロが行われるというのだ。警察の威信を懸けた、警備体制が発表されるなか、特車二課の後藤田隊長は、レイバー隊の泉野明に、とんでもない特命を下すのだった―― 選手として湾岸FCに潜入すること。昼行灯と言われながらも、警視庁随一の切れ者である後藤田の目論見は何なのか? 迫り来る試合の日。レイバー隊の隊員たちは、テロリストに対し、起死回生の行動に出る! あの“パトレイバー”の外伝が書き下ろしで遂に登場!

文中には「後藤田」や「泉野明」といった文字が。
後藤ではなく後藤田。そもそも後藤喜一隊長の名前のモデルは政治家の後藤田正純氏だというのは有名な話。そして押井監督が今回の「番狂わせ」以前に執筆した「獣たちの夜―BLOOD THE LAST VAMPIRE」という小説には後藤田なる後藤隊長そのまんまなキャラクターが登場する事も一部のファンには有名でした。これを機にパトレイバーの方の後藤も後藤田に改訂するつもりなのか?とまたしても邪推。
それにしても「泉野明」に湾岸FCへの潜入を命ずるって、もしかして女子サッカーチームの話なの?もっと引っ掛ったのはその点…。

さて、実際はどうだったのかというと…本編の主人公は「泉野明」という名前でも「いずみ・のあ」ではなく「いずみの・あきら」という男性隊員でした。
後藤田隊長も後藤喜一隊長その人ではなく別人。
その他の特車二課メンバーも香貫子、太田原、御酒屋…とかつてのメンバーと似たような名前だけど別人という設定。
当初は仮面ライダーディケイドにおけるリ・イマジネーション的な手法(基本設定は踏襲しつつも原典とはパラレルワールドの別世界という解釈)かと思いきや、読み進めるとそういった訳でもなく、「劇場版パトレイバー2」あるいはその小説版「TOKYO WAR」の顛末から後の時代という設定。今回登場する「泉野明」たちは三代目の特車二課第二小隊だというわけです。
パトレイバー的に喩えるなら、TVシリーズにおいてアメリカのレイバー隊「CLAT」が登場した外伝的エピソード「CLATよ永遠に」に近いのかも。別人という設定なんだけど、どこか初代第二小隊の面影がある面々。もっとも、CLATの話は夢オチだったんですけどね。

百聞は一見にしかずという事で、実際の内容に関しては敢えてここでは割愛しますが、「パトレイバー」の新作であり、これまで最も後の時代を描いていた「パトレイバー2」よりさらに未来が描かれた(厳密にいえばPC98のゲーム「PATLABOR OPERATION TOKYO BAY」や学研から発売された「レイバー開発全史」はそのさらに後の時代からの視点のようですが)という事で、その辺りで気になった部分を箇条書きにしてみました。極力ネタバレにはならないように。

・舞台は柘植行人の起こしたクーデターから約十数年後
・バビロンプロジェクトもとっくに終わり、メンテが大変なレイバーはお払い箱に。
・特車二課も一気に暇に。現状は第二小隊のみ営業中。
・第一小隊は事実上の解体。
・AV2式は全6両が攻撃を受け破壊されたが、その後も修理を受け2両が稼動状態にある。
・現在の第二小隊は三代目。二代目のお下がりであるAV2式は10年選手。
・稼働率は50%。1号機か2号機どちらかが立っている時はどちらかが寝ている。
・現在は警備の際にデッキアップし威圧感を演出するためだけの道具となっている。
・オーダーメイドのレイバーを10年近く使っているので部品の調達ももはや困難。
・事件も無いので普段からろくに動かす事もない。
・動かすたびにどこかがイカれるので練習もできない。
・一度稼動させると3分を過ぎた辺りからあちこちに不具合が。5分が限界。
・レイバー隊そのものがいつなくなってもおかしくない状態にある。
・そのため機種転換などもありえない。
・柘植逮捕の功績により警察は特車二課に対し大きな借りを作ってしまった。
・そのため二課を潰すに潰せないという事情もある。
・さらに後藤が二課を去る時に謎の「置き土産」を残していったそうで、その効果も大きい様子。詳細は不明。
・後藤以下初代メンバーは全て警察を去っている。二課棟に残ったのはシゲさんのみ。
・上海亭はあいかわらず健在。出前はバイクではなく軽トラで行われている様子。
・その後は後藤の後輩である後藤田が隊長に就任。
・現在の第二小隊メンバー4人はTV版のCLAT隊のように何故かどういうわけだか初代隊員の面影がある。
・一時期結成の噂もあった第三小隊に関して言及なし。AV-5マグナムの導入の話と共に幻と消えたか。
・小説「夕暴雨」で後藤と同期である事が判明した安積(ドラマ「ハンチョウ」の主人公)らも登場。


ちなみに、前述の「レイバー開発史」によればAV2式ヴァリアントは、警視庁の特車二課以外に、各地方に新設されたレイバー隊にも配備されていた事が語られています。「特注品」とはいえ、当初ある程度の数が量産されていた様です。
加えてピースメイカーに搭載されていたニューロンネットワークシステムの改良版を採用していたそうで、新規レイバー隊員はもちろん、普段ろくに訓練を積んでいない三代目第二小隊でも、有事の際「それなりに」動かす事が可能だったのかも。

そもそも今回の小説は今野敏さんが去年出した「夕暴雨―東京湾臨海署安積班」に特車二課が登場した事に押井監督が感激し、そのお返しという事で今度は自分が書いたパトレイバーの小説に「安積班」シリーズのキャラクターを登場させたという経緯みたいですね。
「夕暴雨」の帯には押井監督が、「番狂わせ」の帯には今野さんのコメントがそれぞれ載っています。

次回はその「夕暴雨―東京湾臨海署安積班」がどれほどまでに「パトレイバー」なのかについて。

テーマ : ブックレビュー

ジャンル : 本・雑誌

2009.07.17
パッケージデザインが秀逸すぎますね。
http://www.movic.jp/index.php?ctrl=sheet&code=7137
これまでに関連グッズは数あれど、これがいちばん作品のノリに合ってて良いかも。

絶妙にパチもん臭いイラストとおまけ。
よくみるとおまけ全40種+シークレットって無駄に種類が豊富。
2009.07.03
観たよ見たよ観てきましたよ。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』!

仮設5号機!真希波・マリ・イラストリアス!
なんなんだアンタ。かっこよすぎるわ。

とにかく凄いとしか形容の仕様がないという、凄い内容でした。
ごめんなさい。薄っぺらく、しょうもない感想で。
ネタバレしない範囲で申し上げられる感想というとこの一言に尽きます。
あとカット割(特にアスカに対する目線・描写)が無駄にエロい。
いかんいかん。これだけにとどめておきましょう。
まっさらな状態で観て頂くに越した事はありません。
ただし、TV版の拾九話までを改めて観込んでから行くと逆にもっと楽しめるでしょう。

今の世の中に事前のネタバレが完全に防がれたという事実がまず奇跡なので、少しでも興味のある方は、是非とも早いうちにご覧に行かれる事をお勧めいたします。まずはまっさらな状態で新鮮なうちにどうぞ。そのあとリピーター化するなり、後から出る映像ソフトで死ぬまで何回も観ればよかろうなのです。

割とどうでもいいバレとしては、途中、一箇所だけジュリーの「太陽を盗んだ男」の劇伴が使用されていました。
特別な深いメッセージが込められているわけではなさそうでしたが、思わずハッとしましたよ。
たしか樋口真嗣さんがモーレツにファンなんですよね。あの映画の。

もうひとつ気になったのが山寺さん演じる加地と坂本さん演じる真希波の話す外国語。発音のナチュラルさに驚きました。お二人とも芸達者ではありますが、バイリンガルでしたっけ?
TV版でのみやむーのドイツ語があっただけに、ちょっとした驚きポイントでした(でも、本国ドイツのマイク・ヴァン・ダイクが喜んでサンプリングするぐらいですから、あれはあれでいいんです)。
エンドクレジットを観ると兼光ダニエル真さんという方が翻訳と言語指導をされているとかで、ちょっとお名前が気になりました。

まだまだ消化しきれてないというのもありますが、明日テレビ放送される「序」を観てから、さらにパンフでもみて(パンフに1000円は高いと思いきや、相当に読み応えのある内容で驚きました。本編を視聴した後で読み込むべき副読書といった感じ。今しか買えないのなら躊躇せず買いましょう)、改めて反芻しながら感想を考えようと思います。

しかし坂本真綾 ! !つくづくとんでもねーなー。
(くそー 超時空七夕ソニック行きたーい)

テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ジャンル : 映画

2009.06.16
youtubeでLUXE37さんという方がアップロードされているシリーズ動画作品。



「西部警察」、「大都会」、「大激闘」などの石原プロの刑事ドラマのカーアクションシーンをモチーフに、それを鉄道模型のストラクチャーやミニカー等で再現したジオラマコマ撮りアニメです。恐ろしい完成度!

犯人に倫理観の欠片もない、超勧善懲悪。
無駄にバイオレンスなのがいかにもって感じでいいですね。



ありきたりな言葉で恐縮ですが、ほんとうに芸が細かい!
車がジャンプしたあとケツから落ちる描写とか。

VTRとプラモを使ったショートムービーというのは、僕も中学生の頃に友人数名と挑戦した事がありました。もちろん、悲しくなるほどグダグダでチープ極まりない、作品と呼ぶにも憚れるものでしたけど・・・。

その頃に夢見た理想形、完成形というのをこうやって何本も見られるというのは眼福ですなー。

願わくば、撮影メイキング映像とか、ジオラマセット全景を見てみたいですけど。
HPなどはもっていらっしゃらないみたいですね。
プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。