模型製作報告日誌
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.12
丸々一ヶ月間が開いてしまいました。
なんやかんやと立込んでしまい、夏の間はほとんど模型いじれずです。

ただ、その間に何も書く事がなかったというとそうでもなく、例のお台場ガンダムを見に行ったり、その足でガンダムEXPOまで足を運び、ナマ富野を拝んできたり、パソコンがぶっ壊れたり、今出てるModel Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 10月号 [雑誌]に先日の1/100ゼントラーディ兵をちょこっと載せて戴いたりと、それなりにトピックはあったのでした。
今回からまたぼちぼちと更新再開していきたいと思います。よろしくお願いします。

で、継続中のマスクコマンダーです。

m1.jpg

実は以前の状態から、ほぼ丸ごと1セット分パーツが揃ってる状態のジャンクがさらに手に入ったので、前回まで書いていたように自作パーツで補填する必要が無くなってしまったのです(えー!?)
ICBMハンブラビやブースターユニットも、ウィングユニットも両方揃ってしまいました。

実際、背面パーツは写真やイラストだけではちょっとわかりにくい構成になっていて、本物を手にしてはじめてこうなってたのかとわかったという体たらく。いかにそれまで見切り発車だったかという事がわかりました。

プロポーション比較。
m2.jpg

実はこれを今年のオラザクにでも出品しようかと考えていたのですが、それ以前に考えていたより夏場が忙しくなってしまった為、画像の状態で停滞したまま締め切りを過ぎてしまいました。
ですが、とりあえず今後も製作は継続していきたいと思います。

夏場に組めたプラモというと、実はこれぐらいだったり。
カップヌードルのおまけプラモのザク。
cupzaku.jpg
昔の森永のミルクキャラメルとチョコボールにそれぞれ付いていたミニプラモのちょうど間ぐらいの大きさ。おもわず風呂場に浮かべて組みたくなってきます。
しかし、CADデータを他のスケールのキットから流用しているのか、プロポーションが良好だったり、ボールジョイントが仕込んであったり、それなりに色プラ仕様だったり、タッチゲート採用だったりと、やはり2009年のミニプラモなんだなという感じです。

スポンサーサイト
2009.07.21
ぼちぼちですが進んでます。マスクコマンダー。
mc3.jpg

マスクコマンダーと同じくガンダムMk2モチーフの黄忠ガンダムをベースに、外装を貼り付けて三国伝体型にしていきました。
いわばレコアのゲルググ方式的手法。

元祖SDは基本的な素材が通常のプラモデルのようなスチロール樹脂ではなくABS樹脂なので、切断や加工、そして接着や塗装は結構ナンギだったりします。
普段と同じような作業でも、たとえばパーツひとつ切断するにも、とにかく硬いのでいちいち大変でした。

こうやって組み上げてみると、元祖SD自体もともと大柄で昔のBB戦士よりも頭身が今の三国伝シリーズに近いので、それほど劇的な印象の変化っていうのは無いと思うんですが、締まる所は締まってなかなか良い感じになってきたのではないかと。
頭と肩がデカめなので、一般的な三国伝キットよりもさらにボリュームあります。

本体そのものはだいたいこの感じで、あと細部を整理すればOKって感じなんですが、問題は背面にドッキングするICBMハンブラビとウィングです。

まずはウィング。
mc5.jpg
ここからはプラ板中心の工作となるため、簡単な図面を引いていきます。
キットのウィングを採寸し紙に輪郭を写し、それを基準に大型化した図面をスケッチ。
切り出して本体とバランスを何度か見合わせ、サイズを検討していきます。
そして最終的に決まったのが右端のもの。

次はこれを型紙にプラ板を切り出し、パーツを揃えて組み立てていく工程に入って行きます。

テーマ : ガンプラ制作

ジャンル : 趣味・実用

2009.07.14
元祖SDのマスクコマンダーです。

mc1.jpg

と、申しましても、いくつか肝心なパーツが足りません。ジャンク品というやつです。

完璧な状態で、しかも未組み立てのものとなると、恐ろしいほどのプレ値がついてたりするんですが、ひと山いくらのジャンク品の中に混じって出回る事も結構あり、それならまだ手が出るかなと思って入手してみました。

今回からこのジャンク品のレストアに挑戦します。

ネットで見られる完成品も、みんなジャンク品をレストアしたり、いくつかの使えるパーツを集めて作ったりという作品が多いですね。

で、このジャンク品は主に右肩のウィングバインダー、ツノ、背面のICBMハンブラビ、ガンダムタイプのフェイスパーツが欠品しています。結構重要なパーツがありません。特にハンブラビが無いのは痛いですね。でも本体とマスク、スマートガンが残っているのは良かったかも。

mc2.jpg
にせガンダムMk-IIフェイス。
実はガンダムMk-IIが正体であるマスクコマンダーの影武者といった役どころ。
本来ネタMSのにせガンダムもこのようにシブい色に変わるとモノアイガンダムやらガンダムバインド的な風情があってかっこよく見えてくるので驚き。

レストアといっても本来のパーツを寸分違わず再生・・・というのではなく、三国伝キット(黄忠ガンダム)を使用したプロポーションのアップデートを行いつつ、欠けてるパーツは多少アレンジを加えつつ自作パーツで揃えて、現代版のマスクコマンダーを作ろうという感じ。
だから胴体に関しても実際に製作に入ったら即切り刻んでバラバラにしてしまいます。このあたりプレ値キットなら躊躇してしまうところですが、ジャンクなので大して気兼ねせず。

ウィングバインダーは幸い片方が現存しているので、そこから採寸して、プロポーションに合わせて若干サイズアップしつつ左右両方ともプラ板中心でスクラッチするつもりでいます。

でも、もたもたしてるとSDXの方で商品化されてしまいそうな気もするんですよね。これ。
一筋縄ではいかない感じなんですが、あんまり悠長にもやってられないかもしれません。
プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。