模型製作報告日誌
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.02
16+.jpg

「装甲騎兵ボトムズ」の外伝OVA「機甲猟兵メロウリンク」に登場した山賊ゲリラ「バンデット」が使用していたAT「ゴールデン・ハーフ・スペシャル」をモチーフに製作。

スタンディングトータスの下半身、左腕とスコープドッグの胴体、右腕を組み合わせた廃品利用のリサイクルATといったところです。

タカラの1/48アクティック・ギアをニコイチで改造しました。

side3.jpg


当時の設定画ではそれぞれのパーツは同じボリュームバランスで描かれているのですが、H級のトータス系とM級のドッグ系では模型では各部の大きさに当然差があるため、組み合わせてみると予想外にボリューム差があり、まるでシオマネキ・・・とまではいかずとも、左右非対称のアンバランスさが画稿以上に際立った物となりました。これは「寄せ集め感」が思った以上に強調されて、うれしい誤算でありました。

bk2.jpg

モチーフだけ拝借して厳密には劇中に登場したものとは別物という解釈なのですが、ゲリラのATとして、満足な整備を常に受けられず、軍の払い下げやスクラップをそのまま騙し騙し修理して使っているという状況設定なので、かなり使い込まれて、くたびれた様子になっています。

bk1.jpg

塗装はラッカー系の筆塗りに、ハンブロールエナメルと油絵の具でウォッシング、チッピング、その他ウェザリングを施したもの。砂埃はMIGプロダクションのピグメントです。

14+.jpg

スコープドッグ部分の基本塗装は、クレオスのNATO軍カラーセットのグリーン。トータス部分はガイアのMa.kカラーセットのジェイダイドグレイを使用しています。

up.jpg

ドッグ部分の胸のところだけ色味が変わっているのがわかるでしょうか。
もともとスクラップになる前は軍の機体番号が書かれていたところを、上から別の塗料で塗りつぶしている様子をねらってみました。同じように、肩に塗られている赤いペイントは、ゲリラが識別用として塗ったマーカーという設定です。

こういう寄せ集め機体というのは、古今東西よくアニメに出てきます。エルガイムのアトールV、ガンダム0083のドラッツェ等、特撮なんかでもよくありますね。初代アシュラマンの腕なんかもそうかも。

既存の機体のパーツがどこかにひとつだけちりばめられているだけ・・・というのでも良いですね。
パトレイバー2の太田のイングラムの頭にヘルダイバーのパーツが使われてたりとか。

なぜだかこういったものに昔からとても惹かれます。
思えばMa.k好きなのも、そういう要素をどこかメタ的に含む(?)部分があったりするからなのかもしれません。(2007年 製作)

製作に使用したキット
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。