模型製作報告日誌

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作備忘録(SDガンダム編)

2009.03.11
製作中、構想中のものをメモとして記載してみます。
実際に完成にむけて手を動かしているものもあれば、まだまだ思いついただけ、ラフなアイデア段階のものまで様々でございます。

・武者百士貴
・ブラッディザク
・新烈火武者頑駄無
・烈凰武将頑駄無斎

・武神ガンダム
武者精太の父親である「SD戦国伝 天下統一編」の武神頑駄無。三璃紗の影舞乱夢出身という事で、三国伝に登場する武将たちの遥か昔の時代のご先祖さんの世代という事にもなります。三国伝体型化というよりは、『三国伝ビジョンに基づく武神頑駄無の姿』という事で、『頑駄無』ではなく『ガンダム』としています。割とアイデアとしてはベタな部類でありますが。張飛ガンダムをベースに製作し、造型的にはほぼ完成間近にあるのですが、「塗装がめんどくさそう」というアレな理由で放置中の状態です。

・新殺駆
三国伝の張郃ザクIIIをベースに、殺駆三兄弟のキットに同梱されている新殺駆のパーツを組み合わせたもの。最近は三国伝のキットが出るたび買ってきては、けして三国武将としては作らず、とにかく戦国伝のキットと組み合わせてみるという実験を毎回のように行っております。新発売の馬超ブルーディスティニーも恐らく馬超としては完成しない事でしょう。

・光凰
姫将軍ではなく、『武者烈伝・零』冒頭で殺駆三兄弟に襲われているシーンの状態。コミックをよく見ると、光凰自体は烈丸とほぼ同じディテールで、このとき纏っている鎧はなぜか『武神輝羅鋼』の新凰頑駄無のものと同じ意匠である事がわかります。これはそのまんま模型で再現できそうだったので、さっそく試してみました。作り始めた当初、新凰頑駄無のキットがやや入手困難だったので大変でした。これも塗装前の状態で待機中。

・レッドファイター91 天地大河スペシャル
大河原氏の設定画を見ると、なにげに三国伝体型っぽいディフォルメ処理だったので、そのあたりを踏まえた完成品を予定。G研主宰のぷらすさん製作のモデルが有名なところですが、どうせ後から作るなら違った解釈に挑戦したいところ。そんなわけで『ガンダム野郎』劇中に登場した大河バージョンという事に。

・レッドウォーリア 豪多亜留スペシャル
以前に赤龍頑駄無のキットと烈火武者のパーツで烈伝体型バージョンのレッドウォーリアとして製作していたもの。六割方製作したところで放置して行方不明になっていたのが最近になって発見できた事もあり、数年越しで製作を再開する予定。去年再販された闇皇帝のパーツを外装として装着する事で、なんちゃってキャストオフ機構などを付加できればなと。

・スペリオルランダー
・ボルトランダー(後の武者冒流刀)
武者冒流刀の故郷での姿であるとされるボルトランダーを三国伝体型で妄想立体化。1/144ボルトガンダムのキットを切り刻みつつ大柄なシルエットに。ガンドランダーの世界観を把握するために、三国伝体型のスペリオルランダーも試作しながら構想を練ります。

・武者飛駆鳥
おなじV2ガンダムモチーフである趙雲ガンダムを使用した三国伝体型化。さきごろHJに掲載された飛駆鳥の作例は、少年武者という設定を重視し、敢えて「趙雲と飛駆鳥のニコイチ」という手法を採らなかったという事なのですが、趙雲の発売当時、安易な思いつきで二つのキットを同時買いしてしまった手前、なんとか趙雲ベースで作ってみようじゃないかという試み。まだ着想段階。

・重武装 武者頑星刃
『Gアームズ』の「ガンセイヴァーZ」が天宮(武者ガンダムワールド)に迷い込んだ姿とされる「武者頑星刃」。その後ふたたび『Gアームズ』の世界に帰った後にパワーアップして「ヘヴィウェポン・ガンセイヴァー」になる設定なんですが、もしこのヘヴィウェポン形態で天宮に飛来し武者になっていたら、あるいは武者頑星刃のままヘヴィウェポン相当のパワーアップを果たしていたらどんな感じなっていただろう?というif妄想オリジナル武者。
大方の方向性はまとまっているのですが、手持ちの武装と頭部のアレンジをどうするべきかで停滞している状況。

・馬良アンダンテ
まず元ネタである98式AVイングラムのSDバージョンである事を前提に三国伝体型で造型し、その上で武将としての装飾を施すというコンセプト。例のイラストに似てる似てないは二の次です。甘寧ケンプファーを芯にして、一部に海洋堂のソフビやバンダイのプラモのパーツを移植して製作しておりますが、微妙な曲線で構成されているイングラムの頭部はやはり難しい。近々途中経過を公開する予定です。


こうやって羅列してみますと、やはり全て新旧キットのニコイチだったり改造ネタが多いという事に気づきます。最近はもはや製作動機が『○○のキットが出たから作ろう』ではなく『○○のキットと□□のキットを組み合わせたら△△が作れるんじゃないか』という考えに偏っていますね。『人とは少し違った物が作りたい』という気持ちが先行してこういう傾向になっているんだと思いますが、それにしてもストレートにキットを作り込むというのが少ない気がします。
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。