模型製作報告日誌

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボルテック「XAN-斬-」届く

2009.04.01
xan.jpg

年末だったか年始だったかに受け付けていたリボルテックの限定版「XAN」が届きました。

XANと書いて斬と読む。ざん。

パッケージに「後のキングゲイナー」と書かれているように、TVシリーズ「キングゲイナー」より遥か以前、メダイユ候のコレクションとして復元・保管されるよりもっと前のキングゲイナー本来の姿という設定。

敢えてベタな言い方をすれば「プロトタイプ・キングゲイナー」的な立ち居地のオーバーマンです。

あきまん氏が電ホで連載していた企画が基になっているとか。

本編終了後に設定されたMSV的な存在なので、もちろんアニメには未登場ですが、スパロボZの追加ディスクのシナリオに黒歴史の遺産として登場する模様。ヤーパンニンポーの使い手だそうですよ。ヤーパンへのエクソダスの際にたまたま持ち出された物かと思いきや、もともとヤーパンと関係の深いオーバーマンだったんですな。

ジャリズムを一旦解散した山下しげのりが「鼻油千右衛門時貞 ~後の~」と改名、その後ジャリズムが再結成、山下が「OMORO!(オモロ!)」というギャグを開発、相方の渡辺鐘が世界のナベアツとしてそのギャグを愛用し、世間に広めブレイクしたという逸話がありますが、このXANも悠久の時を経ていつしかキングゲイナーとなった後に、TVシリーズにおける物語を繰り広げていったわけです。

TV版のキングゲイナーも以前リボルテックで発売されていて、これがもう立体物としてのキンゲの決定版といえるほど素晴らしい代物だったんですが、今回さらにブラッシュアップされております。ほぼ完全新規造型のようです。
旧キンゲではディスプレイスタンド用の穴が足の裏にしか開いてなかったので、浮遊状態でのディスプレイが難しかったんですが、このXANではケツの部分、というか腰のあたりにリボジョイント差込用の穴が設けられているので、写真のように浮いた状態で飾る事ができます。これはさりげないけど意外と効果の大きな改善。

特別忍者好きってわけじゃないんですが、もしこれをもっと前に手にしていたら、百鬼丸もかなり影響された仕上がりになっていたかも。

リボルテックはいつもアマゾンや近所のジョーシンで買ってる手前、リボルテックの価格としては少々割高に感じたので正直迷ったんですが(ローソンで決済というのもメンドくさいし)、これは買ってよかったマジで。

ブラッディザク、明日以降また更新再開します。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。