模型製作報告日誌

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガコマンダー・ブラッディザク 4

2009.04.09
bz chip1


三段階目のフィルターが完全に乾燥した状態で、
いよいよチッピングの工程へ。

チッピング・・・ようするに、ガンプラでは80年代のMSVブームの頃に大流行したハゲチョロ塗装というやつです。

エッジの部分にちょこっと銀色を置いて、表面の塗膜が擦れて剥がれ、下地色が露出した状態を表現するウェザリング手法のひとつ。

80年代初頭に流行り、90年代頃には廃れて敬遠されていた感のある手法ですが、戦車模型の世界における高石誠さんの鮮烈なデビューや、以前の記事でも触れたイタリアのモデラーたちの手法が注目され、それまでとはまた違った観点でここ数年見直されるようになったようです。

もっとも、80年代のそれとは異なり、高石さんら凄腕のモデラー達がより研究を重ねた結果、手法そのものが進化し、表現の幅を広げ、既にひと言では説明しきれないほど非常に奥の深いものになっています。

かつては銀色を使うのがハゲチョロの代名詞だったように思いますが、最近だと銀色を用いるのは稀ですね。
そもそも銀色を使うのは80年代のガンプラか、スケールモデルだと一部の零戦などのエアクラフトぐらい。今では80年代的手法のオマージュとして敢えてアナクロニズムを狙って使うぐらいでしょうか。モデルグラフィックス誌2008年4月号のMS-06Rの作例などが、この場合のわかりやすい例かもしれません。

今回はハンブロールの67番(グレー)を使用。面相筆で描き込んでやりました。
今回は使用していませんが、160番(チョコレート色)なども使えます。

そして、ガンプラにおけるチッピング(=ハゲチョロ)という事で、その「アナクロ感」を狙って、ごく一部だけですがミスターカラーのシルバーも使って描き込んでおります。

なお、これも今回は使用していませんが、下地が露出して錆びた状態の表現として、油絵の具のローアンバー、バーントシェンナーを爪楊枝でチョイチョイと置いて、麺棒で広げてくすませるというのもオススメです。僕はMa.kを作るときに装甲板のエッジ部分などに多用しております。驚くほど簡単かつ効果的なのでお試しあれ。

さて、この後は泥汚れ、砂埃系のウェザリング。
そしてなぜかここまでスルーしていたスミ入れに入ります。

ふつうスミ入れはもっと前にやっておくべきなんですけどね・・・。

テーマ : ガンプラ制作

ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。