模型製作報告日誌

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏プラモ

2009.07.06
ひとつ仕上がってしまうと、その直後は呆けてしまって、完全にサボってしまいますね。
一週間ほどほとんど手が動きませんでした。いかんいかん。

実際6月は丸々ゼントラーディ兵でかなり消耗してしまったので、7~8月はリラックスしつつ、またSDガンダムと溜まっていた00のガンプラを作りたいなと。
fgでSDガンダム関連の催し物があるということで、そこに寄せさせて貰う作品だったりするんですが、今年はHJ誌のオラザクでもSDガンダム部門が設けられるという事で、久々に参加してみようと考えています。

別にSD系専門モデラーというつもりじゃないんですが、今年はなんだかこっち寄りで作業の手がはかどるので、自然と偏ってきてますね。別に抗う必要もないので作れるうちにどんどん作っておこうかなと思っています。

ということで、今週はそんな試作中のネタをいくつかあげてみたいと思います。まずは二品。
ゼントラ兵の作業の合間に手をつけていたものです。

まずは将頑駄無。
sg0.jpg
流用パーツ主体で作ってあります。
三国伝シリーズで徐晃サーペントのキットが出たので、セイラマスオ版パーフェクトガンダム的な事をそのままSDに置き換えてやってみても面白そうだなと思ったので。

あと、もともと「武者烈伝」での将頑駄無のリメイクを期待していたんですが、将頑駄無の枠にはどういうわけか敵である殺駆頭が納まってしまって、パーフェクトガンダム好きとしてはなんとも微妙な感じだったので、烈伝フォーマットで初代のイメージに拠った将頑駄無が欲しかったんです。

次は抜刀武者 逆伐。
gbx1.jpg

前々から立体物として手元に持っていたかった逆伐。
HJの作例は烈伝版農丸をホンタイに使用してのスクラッチだったんですが、今ある三国伝キットベースならもっと楽に作れそうだったので、重い腰をあげて挑戦。曹操ガンダムがベースになっています。

コミックボンボン版の逆伐の正体が実は曹操と同じくダブルエックスモチーフの武者だったというのも、曹操を使った大きな理由だったりしますが、足首の形状やマントなどのパーツが逆伐をスクラッチする上で「おいしい形」だった点も見逃せませんでした。
鎧のパーツには1/144ターンXのパーツを使用。頭部は曹操の頭を芯にBB戦士のターンエーの頭の殻を重ねて、さらに薄手のプラ板を巻きつけ、まるでロールキャベツのように作っています。
各部は意図的にHJ版の逆伐から変更しアレンジしながら作っています。
現在は写真の状態よりさらに各部の形状を煮詰めていってる状態です。

と、ここまで作っていたところで三国伝外伝の新キャラとして項羽ターンXのキットが発売されるかもしれないという情報が・・・。モデラーの間で予てから都市伝説として囁かれている『誰かがフルスクラッチするとその後すぐキットが発売される』法則が(ちょっと変則的ではありますが)見事に発動してしまいました。まぁ、今すぐ出るというわけでもなさそうなので、そっちはそっちで期待しながらも変に気にせず作っていきたいと思います。

テーマ : ガンプラ制作

ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。