模型製作報告日誌

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 HGUC 量産型ガンキャノン(ホワイトディンゴ隊仕様)

2009.02.05
GC0.jpg

ドリームキャストのゲーム「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」に登場する地球連邦軍ホワイトディンゴ隊のモビルスーツです。ゲーム中ではステージ3から使用可能になる機種でした。

元々はOVA「ガンダム0080」に脇役で登場していた本機。
そこでの扱いが扱いだけに、まさかプラモ化されるとは思いませんでした。
でもゲームではかなり頼りになる機体として設定されています。

GCR.jpg

ゲーム自体は、連邦軍の一兵卒の視点で、乗機も終始量産機のみというストイックさ。
パッケージイラストは高荷義之氏、キャラクターデザインは小林源文氏という通好みな顔ぶれ。
極めて硬派で非アニメ的なヴィジュアルイメージの「ガンダム」でした。
操作が独特なのでとっつきにくい印象は否めないですが、未だに根強いファンが多いゲームです。
かつてのMSVの延長線上にあり、そして現在のUCハードグラフに繋がる一連のハード・ミリタリー路線の中興の祖とも言える作品でしょう。
この作品の世界観、ガンダム観こそ、僕にとってまさにエバーグリーンです。

GC12.jpg

この模型はHGUCシリーズでプラモが発売された当時に、ごく簡単なディテールアップと塗装変更でホワイトディンゴ隊仕様として製作したものです。

同隊3番機のコールサイン「ファング3」ことマクシミリアン・バーガー少尉機として仕上げました。

基本的にはキットのまんまなんですが、ガンキャノン砲基部がキットのままだと収納状態でも可動軸の関係で若干浮いて見えてしまうのが気に入らなかったので、可動ギミックを省いて収納状態のまま固定としました。

手首はGFFの連邦系MSから拝借して付け替え。
キットの手首はガンキャノンらしい丸指のものがセットされていますが、設定上この機種は、各部にジムの規格部品を流用することで量産化を実現したことになっているそうで、部隊での運用もジムと共に、手持ちの武器もジムが使用するものを使うわけですから、手首もやはりジムと同規格の物が相応であろうと考えました。

GC2.jpg

頭のアンテナは真鍮線に替えてあります。

最近になって色々ネットで調べてみて知ったのですが、実際のゲーム上のCGとキットでは細かい部分でいくつか違いがあるそうですね。肩アーマーの○モールドの数だったりとか。

基本塗装にはクレオスのRLM75グレーを使用したのですが、実際のゲーム画面と見比べると、もうちょっと白味が強くてもよかったような気がします。

油絵の具によるフィルタリングと、ピグメントをアクリルシンナーで溶いたものでウェザリングを施しました。

各種マーキングはファミ通のゲーム攻略本についていたシールをデザインナイフで細かく切ったものや、スタジオレックレスのキットについていたデカールなどを併用しました。

ファミ通の攻略本は設定資料としてもオススメ。
プラモに使えるマーキングシールや、小林氏のキャラクター設定画、その他イラストが多数載っていてお得です。
(2005年 製作)

製作に使用したキット、資料など

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。