模型製作報告日誌

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/60 MS-06R-2 高機動型ザクII ジョニー・ライデン少佐機 2

2009.11.20
ジョニー・ライデン専用ザクII、二回目の更新です。

06R ude2

一週間ほどしばらく体調を崩していた為、前回から日にちが経っている割にあまり作業が進んでいませんが、とりあえず両腕共に幅詰め作業が完了しました。今はパテを盛って継ぎ目を塞ぐ処理を行っているところです。
腕の各可動部分はそのまま生かす方向で幅詰め処理しているので、寸法は大きく変わりましたが、組んだ後もポーズのニュアンスを付ける事は素組状態と変わらず可能なままです。
ただし腕を胴体に取り付ける軸の位置(高さ)を変更するため、肩の引き出し機構は殺してしまいました。一応、軸そのものは生かす方向で考えているいるので、前後のスゥイングだけは可能になる予定です。
このあたりは文章で説明してもイメージが湧きにくいと思われますが・・・。
今後は継ぎ目の処理を進めた後、バランスを見ながら本体への取り付け作業にかかっていきます。

尚、前回の時点では小田さんの作例にあった足首の改修に関して、それほど必須工作じゃないんじゃないか・・・なんて事を思ってたんですが、本体の素組み状態の現物と作例写真を見比べてみると、やはりやっておいた方が得策なのかもしれないと思い直すようになってきました。
作例記事をあらためてよく読み返すと小田さんも「足首は意外にデザイン上のポイント」と書かれてらっしゃいますね。

みなさん御存知の通り、この当時の古いキットは総じて短足の傾向にあり、80年代当時の作例でも脚の延長工作を行った作例は結構多かったように思います。そういった場合、大概は腿を一旦切断してからプラ板を数mmほど挟んで延長工作を行う訳ですが、件の作例ではそういった腿などの延長を行っていない代りに、足首の底を3mm延長、つま先を前方に5mm延長する事で、足首そのものを大型化しつつ、全体のラインを大幅に変更してるんですよね。当初はこの工作を「単なる足首の形状イメージ変更のみの効果を狙ったもの」と解釈していたんですが、実物と見比べると、同時に「短足対策」の効果も担ってる事に気づいたという。だったらこれはやっておかなければなと考え直しました。

実際にこの部分の作業に取り掛かるのは腕部の処理の後になりますが、このあたりの工作も追々途中経過を報告していきたいと思います。
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オ・ノーレの中の人

Author:オ・ノーレの中の人
さまざまなジャンルやモチーフの模型をそのときの思いつきで節操無く作っております。

筆塗り雑食モデラー記。

[fg]のページはこちら
同じく「オ・ノーレ」で登録してます。

ご連絡はこちらまで↓
bystonewell303あっとまーくhotmail.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
最近買ったり買う予定だったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。